メイン

2015年03月13日

2015年春の火災訓練

DSC_7699.JPG

ご無沙汰しております。タマです。

僕が入社してそろそろ一年になろうとしております。
立派に成長し今では工場内をパトロールするまでになりました。

そして・・・現場も忙しくしており僕も現場監督として
パトロールする日々でしたがそろそろ事務所で事務研修が始まりました。

第一弾は春の火災訓練!僕が入社して初めての避難訓練。

今回は本格的に実施しました。
建物が火災になった際の行動について社員が持ち場でどのように
行動を起こしどのような対応をするかの訓練です。

きびきび動き消火器を使って火消し訓練しました。

次回はさらにキビキビ動けるようがんばります!

2012年03月03日

*春だね*

雨が上がるたび温かさが増してくる今日この頃。

DSC_1993.JPG

お花屋さんでも春の花がではじめてます。
チューリップにスイートピー。。。
もうそこまで訪れている春が待ち遠しいです。

2012年02月27日

稲荷祭2012

今年も稲荷祭の時期になりました。
金曜日に稲荷祭の買い出しに行き、準備をごそごそし、
当日は多くのお客様もお越しいただき盛大な稲荷祭となりました。

P1050253.JPG

お天気は生憎、雪となりました。
これから1年、商売繁盛願うばかりです!

2011年10月03日

秋の金川工場

金川工場全貌.JPG

秋のなると金川工場にまれに、クヌギやコナラを買いにこられるかたがいらっしゃいます。
これらは・・・椎茸栽培につかわれるそうで・・・なんと!冬の初めになるとお裾分けで椎茸や平茸など頂くことがあります。
丁度、きのこ類が美味しい時期なのでうれしいです。
これからお鍋の美味しい時期ですね!

2011年05月06日

春のおとずれ

GWも終わりました。
ここ数日黄砂でお天気が良くても霞がかってたのがとても残念でした。

道べりには春の野花が沢山咲いていますね

まずは・・・シロツメグサ
DSC_1004.JPG

タンポポ
DSC_1005.JPG

シロツメグサをみると懐かしくなります。

2011年05月02日

ゴールデンウィーク

5月に入りました。
ゴールデンウィーク後半ですね。
岡山の観光名所後楽園も人が多いようです。
DSC_1022.JPG

皆様もよい休日をお過ごしください。

2011年04月12日

サクラ

ついに岡山でも桜が満開になりました。
市内で有名な旭川さくら道の桜です。

P1040083.JPG

地元ではここの桜が一番見ごたえがあり美しいと思います。

2011年04月05日

菜の花の国分寺

岡山県内には沢山、風光明媚な場所があります。

春のオススメは菜の花畑の国分寺です。

DSC_0927.JPG

桜はまだ早かったみたいですが
菜の花は綺麗に咲いておりました。
お天気がよければもっと綺麗な菜の花畑なのですが・・・・。

菜の花畑の土が気になる社員でした(笑)

2010年06月18日

スイカ

スイカの差し入れがありましたので、3時の休憩に皆でいただきました。
SSCN2489.JPG

スイカと言えば夏ですが・・・
私の中ではドリフの志村けんです。
SSCN2490.JPG

梅雨ですが・・・夏はそこまで来ていますね。

2010年06月11日

夏です。

しばらくお休みしていた「タマ、たまに日記」ですが・・・
プチ復活したいとおもいます。
皆様、宜しくおねがいします。

弊社もそろそろ夏準備を始めました。
SSCN2484.JPG

エアコンのフィルター掃除です。
SSCN2483.jpg
このフィルターのお掃除が始まるとそろそろエアコン(冷房)いつでもつけてもOKの合図です。

遠目ですが・・・暑さを感じながらお天気がいいので社員用食堂の「おふきん」たちも干されてます。
SSCN2482.jpg


2007年10月10日

秋です

ここ数ヶ月ブログを更新していませんでした。
いつの間にか季節が夏から秋にかわりつつある今日この頃です。

さてさて、先日「十五夜」でしたが皆さん綺麗なお月様見れましたか?
私は紙粘土で会社のディスプレイ用にお団子を作ってみました。
DSCN1421.JPG
ちょうどこの時期、会社のカウンターには季節のお花等なかったので飾ってみました。
(もう片付けましたが・・・)
今は、秋の味覚「栗」「柿」等飾っています。

2007年06月07日

小さな畑

本社にはタマタイ菜園のほかに小さな小さな花壇があります。
あまり日当たりはよくないのですが、色々なハーブ類や数多くのお花が咲きます。
今年は新にきゅうり、トマト、サニーレタス、みつばが植えられました。
比較的日の少しでも当たる所に植えてますがやはり成長は遅めです。
DSCN1208.JPG
植えた当初はサニーレタスも葉が数枚でしたが徐々に葉の数を増やしています。

DSCN1209.JPG

本日の収穫
きゅうり
重さ→145グラム
DSCN1207.JPG
曲がってしまいましたが味は変わらす美味しいです。

2007年04月05日

稲荷祭の準備

弊社の敷地内には稲荷神社があります。
年に一度春に稲荷祭を開催します。
前日からお供えの準備(油揚げ、果物、野菜、根菜類、鯛、かんぴょう、干ししいたけ、のり、わかめ、こんぶ、お米、お酒、ささき)に取り掛かります。
DSC00417.JPG
三方に半紙をひき、山のもの、海のもの、果物、など種類にわけてのせます。
ここで必ず悩むことがあります。三方と半紙の位置関係です。年に一度の行事なのであまり憶えていなく、頼りなのは数年前に作った資料のみ。あとは「まいっか!」の一言ですませます(笑)

DSC00418.JPG

お供えの準備は女性社員、旗の準備は男性社員の仕事と決まっており、朝から男性社員は竹を綺麗にふき、旗を立てる準備をしていました。

いよいよ明日は稲荷祭です。ここ数年雨の稲荷祭になってますが明日は晴れるといいですね!

2007年03月09日

本社に来た春パート4

スイセンが咲きました。とても良い香り?です。(個人差はありますが・・・)
1.JPG
このスイセンは黄色一色でとても可愛いです。
天気の良い日に写真を撮りました。花の色と葉の色がとても鮮やかで綺麗でした。

2.JPG

だんだん季節が良くなると本社には色々なお花がひょっこり顔を見せてくれます。
決して咲かそうとした訳でもなく・・・自然と成長して生えてきます。
このスイセンも従業員の誰かが一回植えたら毎年咲く感じです。
これが積み重なりお花の数が増えてます。

この時期、花粉症に悩まさせられる平社員ですが、お花見たさに外に出て後で後悔するのです。

2007年03月05日

本社に来た春パート3

昨日の日曜日はとても暖かく良い天気でした。今日はシトシト雨です。この時期「花粉症」に悩まされてる方も多いはず・・・その中の一人、平社員です。この時期は本当に弱い私、朝から目がかゆく、鼻も詰まる・・・柔らかいハンカチは手放せません。

さて本題!本社には小さい畑があります。都会の中の小さなオアシス?って感じですか?
ここには季節のお花やネギ、パセリ、ミントなど植えられています。
今回はこの畑に咲いたスイセンをご紹介します。

DSCN1642.JPG

毎年気が付けば咲いているスイセン、今年も咲いてくれました。

スイセン(水仙、学名:Narcissus)は、地中海沿岸が原産のヒガンバナ科スイセン属の多年草である。冬から春にかけて、白や黄の花を咲かせる。有毒植物で毒成分はリコリンなど。
花言葉
うぬぼれ・我欲・自己愛・神秘(全般)
気高さ・感じやすい心・もう一度愛してほしい(黄色)
自己愛(白)
あなたを待つ・自尊・報われぬ恋(ラッパスイセン)

2007年03月03日

本社に来た春パート2

DSCN1639.JPG

プランタに植えたムスカリが咲き始めました。このムスカリ去年の春に植えてそのままに放置してたらプランタから芽がたくさん出てきました。生命力の強さに感動しました。
芽が出てからは献身的に水やりや液肥をやりました。
それでもやはり少々小ぶりです。
ムスカリは鈴のように連なり色も真っ青や紫がありとても爽やかな気分になります。平社員の心を和ませてくれます。

ムスカリ (グレープヒアシンス)
 Muscari armeniacum,  Grape hyacinth
【ゆり科ムスカリ属】 原産地は地中海沿岸 西南アジア
秋植え  小球性  分球で殖やす  集団で植えると美しい
強健で良く殖える  色は鮮明なブルー又は白
日当り地、排水の良い所へまとめて植える
3,4月咲き   草丈20僂泙如 〕佞鰐鄙陲量∧罎帽鷸する

利用方法:花壇、鉢植え、切り花用
花言葉:失意

追伸:あんなに可愛いお花が咲くのに花言葉が「失意」とは・・・なんとも切ないです。

2007年03月02日

本社に来た春パート1

3月卒業シーズン。ニュースで卓球の福原愛選手や楽天イーグルス田中将大投手の卒業式映像を見て温かい気持ちになった平社員です。

本社に春が訪れました。チンチョウゲです。
もちろん使っている堆肥は「タマタイバーク」です。朝からとても良い香りがします。
チンチョウゲは、ジンチョウゲが正式名称です。
この香りがすると春が来たな!と感じます。

ジンチョウゲ 【沈丁花】 ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属 学名 Daphne odora
常緑低木。チンチョウゲとも言われる。原産地は中国南部
日本にある木は、ほとんどが雄株で雌株はほとんど見られない。赤く丸い果実をつけるが、有毒なので注意が必要である。
花の煎じ汁は、歯痛・口内炎などの民間薬として使われる。2月末ないし3月に花を咲かせることから、春の季語としてよく歌われる。
つぼみは濃紅色であるが、開いた花の内側は淡紅色でおしべは黄色、強い芳香を放つ。
枝の先に20ほどの小さな花が手毬状に固まってつく。花を囲むように葉が放射状につく。葉は月桂樹の葉に似ている。
名前の由来は、香木の沈香のような良い匂いがあり、丁子(ちょうじ、クローブ)のような花をつける木、という意味でつけられた。
実際、花には強い香りがあるため、日本では野外トイレの近くに植えられたりする。

続きを読む "本社に来た春パート1" »

2007年02月09日

少し早い春!?節分草

画像の確認
2月某日建部の工場長より「節分草が咲いたからブログの記事にして」との連絡がありました。
しかし数分後・・・工場長より「ネットもメールも出来ない。」PCを見に来て欲しいとの事。「その時一緒に節分草見に行こう!」と誘われ早速行ってきました。

例年、建部周辺は3月はじめに咲き始める節分草は温暖化の為か今年は早く咲き始めました。白い小さなお花がポツリポツリありました。とても可愛らしいとはこの事だな〜と思いつつ横で工場長が一言「これで一杯いける!早めの花見だ!」とお酒好き発言もありました(笑)
本来、一番寒い時期が本当に今年は暖かいですね。日本の良い所は四季がある事なのに今年はもう冬の終わりなのでしょうか?少々心配です。

節分草(節分の頃咲き始める)
金鳳花(きんぽうげ)科。
・学名 Eranthis pinnatifida
Eranthis : セツブンソウ属
pinnatifida : 羽状中裂の
Eranthis(エランシス)は、ギリシャ語の
「er(春)+ anthos(花)」が語源で、
”春の花”の意味です。